×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アロワナは威厳と迫力のある魚


★⇒アジアアロワナの事なら楽天で・・・コチラです。★


アロワナ、その美しさと荘厳さにおいては群を抜いている魚です。他の熱帯魚とは同等に扱うこともできないほど威厳と迫力のある魚であることは誰もが認めることでしょう。この美しい古代魚アロワナは淡水魚でありながら、不思議なことに世界数箇所のまったく離れた熱帯域に分布しています。南米に生息する『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』とオーストラリアに生息する『スポッテッッドバラムンディ』『ノーザンバラムンディ』とインドネシア、マレーシアに生息する『アジアアロワナ』の五種類が存在します。もちろん共通する刀のような形そのものは化石のご先祖様とたいして変わらないようです。それでも住んでいる地域によってその性質や、何よりも見た目の美しさが違うようです。その中で美しさのトップはアジアアロワナです。基本的な分類と言うことだけで言えば5種類のアジアアロワナが知られています。『紅龍(スーパーレッド)』『過背金龍(マレーシアゴールデン)』『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』というものですが、一番人気はマレーシアゴールデンです。

スポーツ情報
▼▼コチラ▼▼

アロワナの魅力は何でしょうか?

アロワナの魅力は何でしょうか?この古代魚のとりこになっている人はたくさんいますが、一言で言うと「荘厳」、もうひとつ付け加えれば「完全な魚の美しさ」でしょうか。アロワナはおそらく古代には世界中に分布していたのでしょうね。世界に五種類存在するアロワナですが、その細長い銀色の刀のような形こそよく似ているものの、魚の性質や色などがずいぶん異なりますし、大きくなるスピードがかなり違うようです。アロワナの中でもっとも人気があるのは数が少なくて美しいアジアアロワナです。幸か不幸かたくさん捕まえることのできるアマゾンアロワナはあまり美しくないので人気はイマイチです。野生のアジアアロワナは今では手に入れることができないのです。買うことができなくなった理由は、乱獲による個体数の激減によるものです。食用としてではなくて、観賞用として高価で売れるために、乱獲で一気に数が減ったのです。中でもアジアアロワナはマレーシアとインドネシアにしか生息していなく、また自然界での生息数が減少している事から、ワシントン条約(サイテス)によって絶滅危惧種として象徴的に保護される種です。

恋愛・コミュニケーション情報
▼▼コチラ▼▼

アジアアロワナはもう幻の魚なのか?

アジアアロワナはもう幻の魚なのでしょうか?イヤだいじょうぶです。実はアジアアロワナは日本に定期的に輸入され、販売されているのです。インドネシアやマレーシアの華僑が高値取引されるアジアアロワナの希少価値に目をつけ、1990年ごろからアジアアロワナの養殖を始めていたのです。アロワナは縄張り意識が強いのでたくさんは作れないようですが、絶滅の危機から救い出しただけではなくて、養殖が成功して良かったことが他にもあります。それはアジアアロワナの美しさが、純血種交配を繰り返すことでどんどんアップしていったため、それまで手に入りにくかった全身金色の美しいアロワナがどんどん増える様になりました。こうして愛好家の手により何とかぎりぎりのところで宝物として残されたアジアアロワナは、密漁と区別するために養殖魚もすべて個体登録制で、マイクロチップが埋め込まれるなどの対策が施されています。華僑の業者から提供されるアジアアロワナは生産管理も大変なことから決して安く手に入る魚ではありません。例えば過背金龍は30万円から300万円という値段がついて、まるで生きる宝石という感じですね。

★⇒アジアアロワナの事なら楽天で・・・コチラです。★


趣味・スポーツ情報
▼▼コチラ▼▼


スポンサード リンク

Copyright © 2009 古代魚 アジアアロワナの魅力

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。


結婚